乳酸菌の働き

乳酸菌の働きを善玉菌と悪玉菌でご説明しましょう。
腸内では善玉菌と悪玉菌がバランスをとりながら共生しています。

善玉菌とは主に腸内で有用な働きをする乳酸かん菌やビフィズス菌などの乳酸菌の事です。
これらはブドウ糖や乳糖を栄養にし、乳酸発酵から乳酸や酢酸を作っています。
腸を酸性に保つ作用で、悪玉菌が増殖して腸が腐敗するのを防ぎます。
また、腸の働きを促して、便秘や下痢を防ぎ、消化吸収を助けたり、免疫細胞を活性化したりという働きをします。

悪玉菌で代表的なものとしてクロストリジウムという菌があります。
クロストリジウムという菌の一種でウェルシュ菌というものがあります。
このウェルシュ菌のはたらきは、たんぱく質などを原料に発ガン物質や有害物質を生成し、便の臭いをきつくします。
肉を多く食べる人にはこの菌が多く繁殖しています。
お肉好きな人のおならがびっくりするぐらい臭いと思った経験をした人はいませんでしょうか。
また、善玉菌と悪玉菌の関係の記事も興味深いです。

そのほか、
善玉菌でも悪玉菌でもない中間的な性質をもった日和見菌と呼ばれる菌もいます。
大腸菌や連鎖球菌やバクテロイデスなどがあり、健康な腸では特に何もしませんが、悪玉菌が増殖して腐敗した環境になると、悪いはたらきをするものです。
身体の健康は、腸内細菌の善玉菌、悪玉菌、日和見菌のバランスによって保たれています。
ビフィズス菌が30%もいれば理想的な腸といっても差し支えありません。

それにしても悪玉菌はないほうがいいです。
しかし老化した腸には悪玉菌が繁殖しやすくなっており、ビフィズス菌はほとんどいないに等しい状態です。
老化防止にはプラセンタhttp://xn--1cki4e8c6bw175aa9883byz9b.com/aging.htmlも効果的です。

このような腸内最近の割合は、身体の健康状態に多かれ少なかれ表れてきます。
その手がかりとなるのが自分の便なのです。
この便の調子をいつも良い状態に保つために善玉菌を多く取り入れて増やしたいものです。
定期的に良い乳酸菌を摂取するためにヨーグルトなどの食品を取り入れていきたいものです。
この他の、乳酸菌の特徴とその働きはこちらをご覧になってみてください。
乳酸菌は育毛にも効果があるということで育毛関係の商品にも含まれているそうです。
こちらにおすすめの育毛商品のランキングサイトがあります。
是非ご覧なってください。
毎日元気でいたい人にはすっぽんがおすすめです。