最新!乳酸菌の情報板

乳酸菌・ビフィズス菌・オリゴ糖などの人気サプリを比較・紹介しています!

乳酸菌の効果
画像
便秘解消に最適!
生命の乳酸菌
初回は送料500円だけで購入可能!
画像
比較的リーズナブル!
善玉菌のチカラ
バランスのとれた良品です♪
画像

乳酸菌とビフィズス菌の違い

乳酸菌とビフィズス菌の違いについては、あまり知られていません。
そこで、この2つにはどのような違いがあるのか紹介します。
そもそも乳酸菌とは、糖を分解することで乳酸を生成する菌の総称です。
なので、乳酸を生成するビフィズス菌は乳酸菌の一種ということになります。
では、なぜ「ビフィズス菌」という名称が有名になったのでしょうか?
それは、これらの細菌は特殊な特徴を持っていたからです。
ビフィズス菌と呼ばれている乳酸菌は「ビフィドバクテリウム属」に分類されている菌です。
この属と、その他の5つの属(乳酸菌は6つの属からなります。。)に分類される菌には大きな違いが5つあります。
(1)生息場所
乳酸菌は、植物や動物などに多く、自然界全体に分布しています。。
対して、ビフィズス菌は人や動物の腸内が中心です。
腸内善玉菌としても生育数の割合を見ると、乳酸菌が0,1%、ビフィズス菌が99.9%です。
この結果から分かるように、腸内に生息する菌のほぼすべてがビフィズス菌です。
(2)菌の形状
乳酸菌は、球菌や桿菌です。。
対して、ビフィズス菌はY字やV字、棒状をしています。
(3)生成物
乳酸菌は、乳酸のみを生成します(ヘテロ乳酸発酵の場合は、エタノールや二酸化炭素も生成します)。
対して、ビフィズス菌は酢酸やビタミンb群、葉酸を同時に生成します。
(4)働き
乳酸菌は、発酵によって食品を生成するのが中心的な役割です。
対して、ビフィズス菌は腸内環境を整える役割を担っています。。
便秘や下痢の改善や免疫力を高める働きもあります。
2つはおなじものに思われがちですが、まったく異なるものです。

メインのメニュー

おすすめランキング

画像
第1位
生命の乳酸菌

2位以下はこちら

  • 善玉菌のチカラ
  • 久光製薬EC-12
  • 乳酸菌革命
  • カイテキオリゴ